本文へジャンプ
ステビアの可能性

近年、農業分野におけるステビアの有効性については

広く知られるようになりました。ステビアを使用した栽培は、土壌中の有用微生物を増殖させホコホコした植物が育つ上で最適な状態にし、植物自体の免疫力を上げ、病害虫に冒されにくく、収穫量が増加し、収穫物の食味や日持ちが向上する、といった効果があり、日本全国様々な作物で使用されています。同時に、牛豚鶏といった畜産分野においてもステビアは使用されており、肉質、卵質が向上し、家畜の免疫力が上がる為に病気に罹りにくく、薬の投与や治療回数が激減し低コストの畜産経営を可能にしています。
また、養殖魚(ブリ、カンパチ)に対してのテストを行い、鮮魚市場の仲卸業者から「天然物と変わらない」との高評価を得ました。 その上、ステビアエキス開発当初から健康食品及び化粧品として試作、臨床を繰り返しており循環器系、消化器系、免疫系において有効性を確認しています。現在、早期発売に向け製品化を急いでいます。